バルカナイズドファイバー専門メーカーの北越東洋ファイバー

会社概要 製品案内 UL認定製品表 製品環境対策 製品案内データシート
SGSレポート
リンク
製品案内
TOP>製品案内>ファイバー製品>製法(連続式)
■バルカナイズド・ファイバーの製法(連続式)
 
製品の厚みは、原料紙ロールの紙厚とセット本数で決まります。
また、原料紙を継ぎ足すことで連続操業を行います。
巻き解かれた複数の原料紙は、塩化亜鉛液に浸漬後、加熱した上下2本の積層ロールにより、積層されて生シートとなります。
塩化亜鉛はこの段階で役目を終わり、熟成(抽出)水洗工程で回収し再利用されます。 生シートに含まれる水分は、多筒ドライヤーにより所定水分(7〜9%)まで乾燥されて、カレンダーがけの後、ロール巻取りまたは所定サイズの板に切断されます。
ファイバーは緻密な組織となっているため、工程中の薬液の抽出・水洗および乾燥には長時間を必要とします。因みに、一号連続機の長さは150m、製品の流れの長さは延べ2.400mにもなります。


上記コンテンツ再生にはFLASHプレイヤーが必要です、 お持ちでない方は、左のボタンからダウンロードしてください。
 
〒410-0306 Shizuoka Prefecture Numazu City Otsuka 888 TEL:055-966-9283
北越東洋ファイバー Copyright - c HOKUETSU TOYO FIBRE 2014 All Rights Reserved.
お問い合わせ English バルカナイズドファイバー専門メーカー 北越東洋ファイバー株式会社